「第5回世界先生会議」リフレクション(中学校教員)

with the World さん主催のオンライン「第5回世界先生会議」に初めて参加しました。
テーマは、異文化理解教育をどう推進するかです。
2回、グループセッションがあって、異なるメンバーとお話ししました。
1回ずつ、それぞれのグループで話したことを全体シェアしました。
1回目は、ネパールの紳士先生(と、私が勝手に呼ばせていただきます…✨)がファシリテーター役に。
Representative from Japan, what do you think about it?
(日本代表さん、あなたはどう思われますか?)
というふうに、〇〇国代表、と呼んでくださるのがうれしくて少しこそばい感じもして照れて、
me!?
(わ…私ですか?)
と確認してから発言しました。
どの国の人も話せるようにと配慮の行き届く時間配分もよかったし、
全体シェアの時にどの人の意見ももらさずに言ってくださいました。
異文化理解は、自国の文化理解とそれに誇りを持つことから始まるのではという私の意見の中に出てきた日本のアニメの話で、
タイの人がすごく喜んでくれたのがうれしかったです。
2回目は、なんと初参加の私がファシリテーター役に!
グループの中にジョージアから参加している人がいて、
ジョージアの人と話すなんて初めてのことでした。
そのジョージアの人は、異文化理解は、自国の紛争の歴史を学ぶことから始まるとお話ししてくれました。
紛争と文化がつながってしまうことにショックを受けつつ、
過去の出来事を教訓として子どもたちに語り継ごうとしている人々の健気さにも心打たれました。
マイケル・ジャクソンの「ヒールザ・ワールド」という曲がぐるぐると頭の中に流れました。
You are all my brothers.
また参加したいです。
日本にいながらにして世界の先生たちとつながれるなんて、素敵すぎます。
子どもたちにもつなぎたい!!