学習会でのペアトーク(小学校教員)

『ペアトーク』を,学習会の中で取り入れています。

 

Ⓐパートナー…隣

Ⓑパートナー…前後  

Ⓒパートナー…斜め

「Aパートナーと,今の説明を30秒間で確認し合ってください。」

「Bパートナーと,ここまでのベスト1について60秒ずつ語り合います。」

「Cパートナーと,発表者に質問したいことを2分間で出し合いましょう。」

 

A ・B ・Cのパートナーを活用し、いつも隣の人と話すばかりにならないようにしています。

(3人組や臨機応変なペアで行うこともあります)

ペアトークの間に参加者を「観る」のです。

この短い間にリフレクションの回路が音を立てて回ります。

説明が伝わっているかどうか?

関心の中心はどこにあるのか?

不安そうな参加者はいないか?

そして,「トーク」に聴き耳を立てることで,全体で共有したい感想や問いを拾うことができます。

この後の学習会の展開を調える点で,

『ペアトーク』は欠かせないのです。