「リフレクション」について考える(小学校教員)

リフレクションは自分のために,自分を掘り下げたり,自分の行動を振り返ったり,その時の気持ちを考えたりためにする。そんなふうに頭では分かっていても意識して継続することはけっこう難しい。 理由としては日々の忙しさがあるのかなと思う。

じゃあ,どうしたら良いのか考えてみた。

続けるためには,リフレクションをすることによって何か自分に返ってくるものがあるとよい気がする。リターン的なものだ。

リターンを感じるには、①自分のリフレクションを他者からフィードバックをもらい次もやりたいと思うこと。②リフレクションを積み重ねることによって自分なりに成長をしている実感を持つこと。などがあると思う。

また『続ける』という言葉を聞いただけで,「ウッ」と構える人もいると思う。

その人は少し発想を変えるといいのかなと思った。

例えば、リフレクションは「するもの」であるが,「自然と起こっているもの」と捉えて後からそれを思い出して考えるのである。自然に起こっている出来事のワンシーンを記憶から取り出し,どこかの時間で思い出すとリフレクションが起こる。

その時間はシャワーを浴びる時間でもいいし,ベッドに入って寝る直前でもいい気がする。まずは継続して、どこかの時間にリフレクションができるようになり、少し慣れてきたら意識してリフレクションをするようになればいいのかなと思う。