ICT導入で見えてくること(小学校教員)

本校では、一人一台ノートパソコンが配布されています。どう活用するかは教員の裁量に任されているので、ちょこちょこ活用する教員もいれば、ほとんど活用しない教員もいるなど、校内でも様々です。特に縛りはありません。

 

 私はこれまで、アナログの環境下で授業をやっていた人間なので、このような環境は初めてでした。特に使わなくても授業は成り立つのですが、誰もやっていないことなので面白そうだなぁ、という好奇心で活用を始めました。しかし、いざ授業で活用してみると、様々なことが見えてきます。

例えば机間指導。児童の間違いにその場で気付き、なるべく早い段階で修正させてあげるために行います。ここにICTを併用します。片手にタブレット端末を持ちながら、机を回る。すると、机間指導に加え、教室の対角にいるような児童でもリアルタイムで書いたノートが見えるのです。言うなれば、教師が二人いる感じ。児童にとっては、教師が側にいるということは少なからず影響を及ぼします。プラスも、マイナスも。その辺りを考慮しながら、ある子には近くで、またある子には遠くから、それぞれ個別にフィードバックできるということです。