録画リフレクション対話会(上條晴夫)

昨夜は「録画リフレクション対話会」をしました。Zoomのワークショップなどをすると、録画機能を使って簡単にその様子を記録することができます。しかし録画を「倍速」で見るだけだと「学び」は小さいかな。もったいないです。
 
 
録画は「ABD読書法」(1時間半ほど)のワークショップです。実際のワークショップに参加したのはわたしとテクニカルホストの木村さんの2人だけ。ほかの4人の参加者は仕事の合間に「倍速」でそれを流し見したていどです。
 
 
手探りでスタートしましたが、参加者が自分の実感を「(よい意味で)言いたい放題に」語り始めると、録画コンテンツが徐々に立体的に見え始めます。参加者の共通関心が立ち現れて、それが「気づき」を深掘りしていく感じです。
 
 
たとえばABD読書法の学びの本質とは何か?!事前に(詳細に)作り込まれたリレー・プレゼンなどの「学びのしかけ」(場づくり)、しかしそのファシリテーションではその場に対するすべての「コントロールが放棄」されます。
 


1時間半が本当にあっという間でした。この対話会のベースしたのが「リフレクティブな学び方」です。参加者が「リフレクティブな学び方」を感覚的に理解することでイッキに共創造が加速されるようです。面白くなってきました。